ダイエットを続けるためのコツ

何をやるにも目標が必要ですよね。目標がないとモチベーションが上がらないので継続が難しくなります。ダイエットの目標と言えば1ヵ月に体重を〇kg落とすとか、ウエストや太ももを〇cm細くするというものでしょう。ただ、この目標は達成可能な範囲のものにする必要があります。1週間で5kg痩せるといった目標はちょっと無理がありますね。

半年で〇kg痩せるという目標を立てて、そこから逆算して1ヵ月に〇kg痩せるという設定の仕方がいいと思います。目標を設定したら定期的にサイズを測ったり体重を量って記録していきましょう。成果を数字で確認できるとやる気を維持できます。MENUふくらはぎのサイズを測るときには、床からの高さも測っておいて、いつもその位置で測れるようにしておくと比較が正確になりますよ。サイズや体重が減るごとに100円貯金をして、貯まったお金で好きなものを買って自分にご褒美を上げるというのもいい方法です。

それから、食事のカロリーも運動用に合わせて制限するので、最初のうちは我慢するのが大変です。それで、小腹がすいた時に食べられるような低カロリーのおやつを買っておくのがいいですね。お勧めはアーモンドやバナナで、どちらも栄養価がありますし、食物繊維もあるので満腹感を得られます。サツマイモもいいですね。それから、最近は低カロリーのダイエット用のおやつがあるので、そのような製品を活用するのもいいかなと思います。もちろん食べすぎはだめなので、カロリーを計算して1日に食べられる上限を決めておく必要があります。

そのほかにはダイエットを始めたことを友達に話すという方法もあります。「ダイエットするから」と宣言すると、「言ったからには頑張らないと」という気持ちになります。また、友達と一緒にダイエットするとのも続ける励みになりますね。ちょっと大変だけど彼女も頑張ってるから私も頑張ろう、という気持ちになれるものです。

痩せるメリットと太るデメリットを箇条書きにして見えるところに貼っておくというのもモチベーションを上げるのに役立ちます。たとえば痩せれば着たい服が着れる、水着も着れる、自分に自信が持てる、健康にいいといったことです。太るデメリットは病気になる可能性が高くなる、以前来ていた服が着れなくなるので不経済、自制心がないと思われる、顔立ちは美人なのに美人とみなされないなどです。人によってメリットと感じることとデメリットと感じることは違うので、自分にとって一番モチベーションが上がることを考えて書いてみるといいでしょう。